九州北部豪雨

佐賀

自衛隊員から被災状況の説明を受ける古賀議員(左)

ゴミ集積場で住民からの要望を聞く古賀議員(右)

九州北部の大雨は各地に被害をもたらしました。国民民主党は被害の調査のために視察を行い、古賀ゆきひと議員も参加。自衛隊による災害派遣や避難場所の公民館、農作物が全滅した農家、処分のメドが立たないゴミ集積場など、現状の把握に務めました。

次の記事

ラジオ出演